メニュー

予防接種

インフルエンザワクチン

近年、新型コロナウイルスの影響でインフルエンザ患者が減っていますが、インフルエンザウイルス自体は消滅したわけではありません。新型コロナウイルスとインフルエンザの症状は似ており、インフルエンザに対する免疫力も低下している可能性があります。
通常、インフルエンザワクチンを接種してから抗体ができて、効果が現れるまで約2~3週間かかります。できれば11月中にインフルエンザワクチン接種を済ませておくのが良いです。
高齢の方においては肺炎球菌ワクチン接種の併用が肺炎予防に有効とされています。

またインフルエンザワクチンは、主に高齢者を対象に接種費用の一部を助成しています。
江戸川区 「予防接種に関するお知らせ」はこちら

予防接種に関するお知らせ 江戸川区ホームページ

接種費用

  • 13歳以上 3,000円(税込)
  • 65歳以上の方で江戸川区から接種票が届いている方は2,500円(税込・一部公費負担)

肺炎球菌ワクチン

肺炎は、日本人の死因の第5位で、原因の一番は「肺炎球菌」です。肺炎で亡くなられている方のうち、97%以上の方が65歳以上の高齢者です。そのため、高齢者の肺炎球菌ワクチンについては、費用の一部を助成しています。当年度で65・70・75・80・85・90・95・100歳になる方を対象としています。(※これまでに自費・公費を問わず23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンの接種をされた方は対象外となります。)
また、接種の対象でない方でも自己負担での接種は可能です。

予防接種に関するお知らせ 江戸川区ホームページ

帯状疱疹

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスが原因で発症する病気です。
帯状疱疹は50歳以上から発症率が高くなり、80歳までに約3人に1人がかかると言われています。

帯状疱疹ワクチンを打つことによって下記のような効果が期待できます。
50歳以上が対象となります。

  • 帯状疱疹の発症を予防できる
  • 発症しても軽症で抑えられる
  • 帯状疱疹後神経痛を予防できる

帯状疱疹のワクチンは2種類あり、効果や接種回数、費用に違いがあります。

  ビケン シングリックス
効果 発症予防 50%
帯状疱疹後神経痛30%軽減
発症予防97%
帯状疱疹後神経痛88%軽減
接種回数 1回 2回(2か月後に2回目)
価格 8,800円 22,000円/回
副反応 注射部分の痛み、腫れ
倦怠感など
症状は3日~1週間以内
注射部分の痛み、腫れ
倦怠感、頭痛など
症状は3日~1週間以内
持続期間 5年程度 9年以上
メリット 価格が安い
副反応少ない
1回で終わる
効果が高い

新型コロナワクチン

現在準備中です。

その他のワクチン

接種可能なものと、在庫がないものがございます。
お電話でお問い合わせください。

診療時間
9:00~13:00
受付12:45まで
15:00〜19:00
受付18:45まで

クリックしてGoogleMapを表示

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME